西東京市でリフォームする

subpage01

西東京市で外壁が色あせた、屋根瓦やカラーベストが古くなってきたので葺き替えなどのリフォームをお考えの方は工事を行う順番にも気を付ける必要があります。


壁の塗り替えリフォームを行い足場を撤去すると、壁が見違えるほど綺麗になっているのに屋根は古いままの場合、やはり屋根も綺麗にしたいと再度リフォームするという事例も多々あります。



この場合、西東京市でも一度ばらした足場を再度組む必要があったり、せっかく綺麗に塗装した壁面に傷が付く事もあります。



屋根瓦の葺き替えで外壁がモルタルの壁の場合、袖瓦や軒先の瓦の穴を埋めるようにモルタルを塗っています。
その為、古い瓦を撤去し新しい瓦に葺き替える場合、古い瓦に合わせて塗ってあるモルタルは邪魔になる為サンダーなどで取り除きます。取り除いた部分は新たにモルタルを詰めたり、板金などで切れ目を隠したりしますがモルタルを新たに詰めると先に外壁リフォームしてしまっている場合、色が違ってしまい見た目にも綺麗ではなくなります。

せっかく西東京市でリフォームするなら一度で失敗しないようにするのが一番理想的です。
ではどのようにすれば失敗しないかですが、一番の理想は一度で全て工事するのが理想ですが、予算の関係で出来ないという場合には外壁塗装の塗り替えの目安が10年程度である為、外壁を塗り変える際に屋根瓦の診断も行い、次の塗り替え時期まで大丈夫そうであれば外壁、無理であれば同時に工事する事で見た目も綺麗で無駄な出費も抑えることが出来るので最良の案と言えます。