西東京市のトイレのリフォームは多種から選べます

subpage1

トイレをリフォームする場合に西東京市でも最近注目されていますのが温水洗浄便座一体型のものです。温水で洗うタイプの製品がいろいろ出ていますがそれはあくまでも便座でして、トイレとしては一体型トイレという名称です。
この製品は大抵節水型です。

節水型とは文字通り使用後に流れる水の量がその都度少なめのものを指します。当然月々の水道代金が節約になりますから、この点を重視する家庭はリフォームの際に節水型に替えると最適です。また、こういう製品は床排水であることが多いです。



トイレの排水の仕組みには床排水と壁排水とがありまして、まず壁排水と言いますのは便器から壁まで管が出ていまして、排水が壁の方向へ流れるものです。

トイレの奥側の方を掃除しようという時に太い管がありますからなかなか大変です。
これに対しまして床排水は真下の床の方に排水が落ちていきます。


壁の方へ管がないですから掃除はしやすく、スペースもその分空きますので広く感じます。
ところでこの床排水の場合は、便器の真下に下水の配管がなくてはならないことになります。
通常この形は排水心200ミリというのが標準です。

排水心と言いますのはトイレの奥壁から排水口の中心までを測った距離のことでして、配管に合うかの目安にするのですが、リフォームで便器を交換する前にこの点は確認しておくと大丈夫です。



こういうタイプの場合は工事も丸一日で済みますが、西東京市には三時間で工事終了としている会社もあります。施工時間も前もって確かめておくようにします。なお普通表示されている価格というのは本体のことです。

本体と工事費合わせて区切りのよい数字にしてあってそれをうたっている場合もありますが、そうでない場合は工事費やその他の諸費用は通常別ですので、リフォームの際には事前に見積もっておきます。

工事費込みの場合、西東京市の今の相場は10万円から30万円のあいだで製品によって異なります。



学びたい知識

subpage2

これからの西東京市のリフォームでは、バリアフリーがキーワードになってきます。高齢化が進み高齢者が自立して生活ができる空間づくりや、介護の問題にも対応ができる空間づくりが、西東京市では求められています。...

next

学ぼう建設の事

subpage3

リフォーム専門店の特徴は、小規模の修繕から大規模な増改築まで幅広く手掛けている点にあります。専門店は、リフォームをしたいが具体的なイメージがつかめない、大規模な改装を考えている、インテリアにこだわりたいといった人向けです。...

next

知りたい建設事情

subpage4

西東京市で外壁が色あせた、屋根瓦やカラーベストが古くなってきたので葺き替えなどのリフォームをお考えの方は工事を行う順番にも気を付ける必要があります。壁の塗り替えリフォームを行い足場を撤去すると、壁が見違えるほど綺麗になっているのに屋根は古いままの場合、やはり屋根も綺麗にしたいと再度リフォームするという事例も多々あります。...

next

大人の常識

subpage5

東京都内は暑さや寒さがものすごいというイメージはあまりないのですが、実際は西東京市も夏は気温が高く冬は低いという環境にあります。東京の都心と比べまして、西東京市のような武蔵野多摩地域は高い時も低い時も気温が五度違うと言われています。...

next