西東京市では断熱リフォームが効果的です

subpage01

東京都内は暑さや寒さがものすごいというイメージはあまりないのですが、実際は西東京市も夏は気温が高く冬は低いという環境にあります。


東京の都心と比べまして、西東京市のような武蔵野多摩地域は高い時も低い時も気温が五度違うと言われています。



また風も強めですし雪が積もることもあります。
ですから西東京市に住んでいる人はリフォームの中でも断熱リフォームを施すのが効果的です。
断熱処置をしておきますと夏も冬も一年中過ごしやすくなりまして健康面の心配も和らぎます。

断熱リフォームの際に最近多く使われていますのが発泡ウレタンを吹き付ける方法です。
以前ですと断熱材を運んできておいていったん屋根裏や床下に入って必要な寸法を測りまして、その場で必要な大きさに合うだけ切ってから再度入って設置するということをするしかありませんで、大変な手間でした。

これですと一軒で工事に何日も掛かりますのでその分人件費が増え、結局断熱リフォームには大きめの費用が掛かっていました。しかし最近は発泡ウレタン吹き付け工事というのが普及していまして、これならその場で原料のウレタンと水を混ぜるだけです。

そうしますと発泡状態になりますからそれを必要な部分に吹き付けます。



このメリットは大きな建材のようなものを持ってくる必要がないことや、すき間が空くことなく施工できることです。


また今後もし仮りに修理するとしましてもまたその場で発泡させ吹き付けるだけで済みます。


大変簡単になりましたので断熱のリフォームをやるのが得策です。施工する場所は天井と床下、それに壁です。費用は吹き付けた面積で計算しますのでわかりやすいです。



厚みは天井なら20センチ、床下なら10センチぐらいが目安になります。

冬は温度が外に逃げないですし、夏は室内が暑くならず快適です。気密性も高いですので光熱費が節約できますし、建物の耐久性自体も上がります。